魅惑のシルバー・アクセサリー

アクセサリーの中でも特に、上品で白い輝きを放つのは、シルバーアクセサリーですよね。は古くから、「魔よけ」としてや、「幸運」を呼ぶ貴金属として世界中で愛されているのはご存知の方も多いでしょう。

金属中で、一番光の反射率が高いのもです。そして、古く硫化して黒ずんでしまったものでも、磨けば元の輝きを取り戻してくれる点も、古来より珍重された大きな理由。

光沢仕上げのほか、「いぶし銀」という、わざわざ黒色がかった深い味わいのある色をつくる銀製法もありますね。シルバーアクセサリーの中でも、「渋い大人」のイメージを演出してくれますよね。


シルバーアクセサリー歴史は古く、なんと!古代メソポタミア文明ウル遺跡でも、紀元前2600年ごろの宝飾品が発見されております。などと同じく、価値あるものとして扱われていたんですね。古代インドエジプトでは、ゴールド)よりもシルバー)の方が価値が高い!と、されていた時もあったそうです。

が広まったのは、16~17世紀ごろです。メキシコの、ポトシなどの大銀山の発見により、大量のがヨーロッパに、もたらされる事になったのです。


現在の銀細工技術の始まりは、アメリカインディアン種族によってです。今では、インディアンュエリーとして世界的にも非常に有名。部族によって手法が違い、ターコイズトルコ石)を配したシルバーアクセサリーなど、力強い味わいがありますよね。

© 2020 化粧 / アクセサリー rss