政府は必ず嘘をつく

智美人 インテリジェンスは一番の美しさ
HOME 智 1

智 2

智 3

BOOK

リンク
おすすめ!



お問い合わせ

きっと役立つ!厳選情報!

きっと役立つ!厳選情報2

きっと役立つ!厳選情報3

きっと役立つ!厳選情報4

きっと役立つ!厳選情報5

きっと役立つ!厳選情報6

きっと役立つ!厳選情報7

きっと役立つ!厳選情報8

PR

TACX タックス

経済とは

ものすごい強風

卒業 〜AKB48・小野恵令奈 4年半の真実〜

福留孝介の年俸 
記録的なダウン


政府や東電、大手マスコミの報道は隠ぺい

今こそ、自らが考え、行動し、真実を見抜く目を持つ




政府は必ず嘘をつく
アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること
角川SSC新書


3・11以降、原発事故・放射能問題からTPPまで、
政府や東電、大手マスコミの報道は隠ぺいされたり、
偏った見方が蔓延るなど、国民に真実が知らされない中で、
洪水のように情報が発信されている。

アメリカでは9・11の同時多発テロ以降、大惨事につけ込んで
実施される過激な市場原理主義「ショック・ドクトリン」によって
貧困格差が拡大し続けている。

何が本当なのかが信じられなくなった今、
どうすれば私たちは真実を手にできるのか。

著者は日本国内の状況を追いながら、
並行して貧困大国化するアメリカに何度も足を運び取材した。

アメリカで目にした惨状、日本に帰るたびに抱く違和感は、
やがて1本の線としてつながる。

それは、3・11後の日本の状況が、
9・11後に格差が拡大していったアメリカの姿に
酷似し始めているということだ。

そして、その背景にあるものは、中東の春やTPPなどと、
同一線上にあるものだった。

「情報が操作され、市場化の名の下に国民が虐げられている
アメリカの惨状を見るにつれ、このままでは日本が二の舞になる」と警告。

今こそ、自らが考え、行動し、真実を見抜く目を持つことの
意義を問いかける。


政府は必ず嘘をつく
アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること
角川SSC新書









HOME 智 1

智 2

智 3

BOOK

リンク
Copyright(C) 智美人 インテリジェンスは一番の美しさ All Rights Reserved.