論語と算盤 渋沢栄一

智美人 インテリジェンスは一番の美しさ
HOME 智 1

智 2

智 3

BOOK

リンク
おすすめ!



お問い合わせ

きっと役立つ!厳選情報!

きっと役立つ!厳選情報2

きっと役立つ!厳選情報3

きっと役立つ!厳選情報4

きっと役立つ!厳選情報5

きっと役立つ!厳選情報6

PR

127時間

ミスFLASH 2012

誰よりも幸せになりたい
あなたに


オールフリー

現代語訳 論語と算盤

経営、労働、人材育成の核心をつく経営哲学




現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)


日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。

利潤と道徳を調和させる」という、経済人がなすべき道を示した
論語と算盤』は、すべての日本人が帰るべき原点である。

明治期に資本主義の本質を見抜き、約四百七十社もの会社設立
成功させた彼の言葉は、指針の失われた現代にこそ響く。

経営、労働、人材育成の核心をつく経営哲学は色あせず、
未来を生きる知恵に満ちている。


渋沢栄一
1840(天保11)〜1931(昭和6)年。


現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)









HOME 智 1

智 2

智 3

BOOK

リンク
Copyright(C) 智美人 インテリジェンスは一番の美しさ All Rights Reserved.